10月1日は印章の日!印鑑供養が行われる

サイト内検索

印章の歴史は紀元前4000年頃のメソポタミア文明にはじまり、その後、紀元前1400年ごろシルクロードを経て中国に伝わったとされています。

スポンサーリンク

歴史の授業で習っているので、多くの方がご存知かと思いますが、日本に現存する最古の印章は、1784年(天明4年)に筑前国志賀島(現:福岡県福岡市東区志賀島)で発見された「漢倭奴国王」と刻印された金印で、後漢書には光武帝が紀元57年(中元2年)に授けたと記述されています。

国内で本格的な印章制度がはじまったのは奈良時代で、701年(大宝元年)の大宝律令と共に整備されました。

当時は、政府によって鋳造された官印のほか、官印に準ずる寺社印に限って使用が許され、私印の製造・使用は禁じられていました。

平安時代に入ると高位の貴族だけ私印が許されるようになり、武家が台頭すると領主や武将などが、権力や威厳を表現した印を用いるようになります。

印章が庶民にまで普及したのは、泰平の世が訪れ商業が発達した、江戸時代になってからとされています。

1873年(明治6年)、実印が捺されていない公文書は裁判において認めないとする制度が定められ、これを受けて実印や認印が広く普及していきます。

ハンコが正式に市民権を得たことを記念して、10月1日は「印章の日」とされていますが、この日には印章業界で記念行事祭を行っているほか、印鑑屋さんのなかには、役目を終えたハンコを引き取って神社に持ちより、印鑑供養を行っているところも多くあります。

不要になった印鑑の処理にお困りの方は、印鑑屋さんに供養をお願いしてみましょう。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ