いつ見たものが初夢?縁起のいい初夢とは?

サイト内検索

1年の吉凶を占う初夢ですが、いつ見たものが初夢となるのか?誰しも一度は疑問を持ったことがあるはずです。

初夢についての記述がある最古の文献は、鎌倉時代の歌集「山家集」とされており、そのなかでは「節分(大晦日)から立春(元日)の夜」に見る夢を初夢としています。

スポンサーリンク

江戸時代に入ると、大晦日の夜は寝ずに過ごす習慣が浸透していたため「元日から2日にかけての夜」となり、江戸時代後期には「2日から3日にかけての夜」に見る夢を初夢とする考え方が広まりました。

しかし、明治に入り改暦が行われると、再び「元日から2日にかけての夜」とされ、現在もこの説が支持されているようです。

「一富士、二鷹、三茄子」は、初夢で見ると縁起がいいものを表した句として有名ですが、由来は諸説ありはっきりとしていません。

また、後に続く「四扇、五煙草、六座頭」も「四葬礼、五雪隠」や「四葬式、五火事」とするなどいくつか説があります。

古くから、縁起がいい初夢を見るためのおまじないとして知られているものに、「長き世のとをの眠りのみな目覚め波乗り船の音のよきかな」という回文を書いた紙を、枕の下に敷くというものがあります。

初夢で本当に富士山や鷹、茄子の夢を見る人は、かなり稀な存在だと思いますが、一般的に縁起が良い夢とされているのは、蛇や亀、龍、魚、蛙のほか、龍が昇る夢や井戸の夢もいいとされています。

しかし、シチュエーションにより、縁起の良し悪しが異なるので、気になる人は詳しく調べてみましょう。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ