「チャグチャグ馬コ」の起源と魅力!岩手県

サイト内検索

「南部駒」とよばれる大型馬の産地として知られる岩手県では、「チャグチャグ馬コ」という一風変わった名前の伝統行事が毎年6月の第2土曜日に催されています。

同地で200年以上もの長きに渡り続けられてきた行事で、1978年には国の無形民俗文化財に指定され、

スポンサーリンク

馬につけられた大小の鈴が奏でる「チャグ・チャグ」という音色は、1996年に「残したい日本の音風景100選」に選出されました。

滝沢市の鬼越蒼前(おにこしそうぜん)神社から四里(15km)ほど離れた盛岡市の盛岡八幡宮までの道のりを、約100頭の馬を連れて4時間半かけて練り歩くことが慣わしで、近年は、都市化が進み住宅地や商業地を巡行することが多くなりましたが、初夏の爽やかな風が吹き抜ける緑鮮やかな田園風景のなか、色鮮やかな衣装を纏った馬たちが行進する様子は、観る人をメルヘンの世界へ誘う魅力的な光景となっています。

農耕にはかかせない存在であった愛馬に対し、日頃の労働への感謝と健康を願い、旧滝沢村の民が神社へ絵馬などを奉納し祈願したことが起源とされ、馬に装飾を身に着けさせるようになったのは幕末の頃です。

今のように盛岡市まで巡行するようになったのは、1930年(昭和五年)に、昭和天皇の弟宮である秩父宮親王が盛岡に滞在していた時期と行事が重なったため、その光景をお見せしようと八幡宮に馬を集合させたのが始まりとされています。

現在では、「チャグチャグ馬コ」の開催に伴い、滝沢ニュータウン・メインストリートを会場にして、地元の伝統芸能や子ども神輿、餅まきをはじめ、物産品・飲食品の販売なども楽しめるイベントも行われています。

そのほか、放牧中の馬の動作を模した滝沢駒踊りやチャグチャグ馬コとの撮影会なども楽しむことができます。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ