平安神宮の時代祭!秋の京都の風物詩

サイト内検索

1895年(明治28年)、京都市左京区に平安神宮が創建されたことを受け、神宮創建と平安遷都1100年を奉祝する行事として「時代祭(じだいまつり)」は誕生しました。

スポンサーリンク

他の祭礼に比べると歴史は浅いものの、「葵祭」と「祇園祭」に並び「京都三大祭り」の一つに数えられ、例年多くの見物客が訪れる秋の風物詩となっています。

桓武天皇が都に入ったとされる10月22日に開催されており、祭り自体は10月15日の参役宣状祭から、23日の後日祭まで行われています。

時代行列は、錦の御旗を掲げた維新勤王隊を先頭に、江戸、安土桃山、室町、吉野、鎌倉、藤原、延暦と8つの時代を総勢約2000名で再現しています。

1000年余りの歴史によって培われた京都の伝統工芸技術の粋を、内外に披露することを主眼としているため、1万2000点にも及ぶ衣装、祭具、調度品は、綿密な時代考証を重ねられ、細部まで再現されており、日本の歴史の縮図とも言える豪華絢爛な行列は、“生きた時代絵巻”と称されています。

行列は、正午に京都御所建礼門前から出発し、堺町御門、烏丸丸太町と南下して、烏丸御池、河原町御池、河原町三条と市街地を練り歩き、三条神宮道を北に進み平安神宮へと向かいます。

行列は2kmにわたり、先頭から最後まで見終わるのに2時間以上かかるため、立ち見よりは座ってゆっくり見物できる有料観覧席からの鑑賞がオススメです。

また、当日の朝、神宮応天門から出発するところや、出発前に待機している御苑も穴場スポットなっています。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ