人日の節句と七草粥

サイト内検索

3月3日や5月5日など、奇数の月と日がそろう五節句のなかで、年内最初の節句は、1月7日とされ、1年の始めに邪気を払い、豊作と無病息災を願う行事として定着しています。

本来であれば、元日の1月1日になるところですが、元日は別格として扱われ、1月7日を「人日の節句(じんじつのせっく)」、または、「七草の節句」としています。

人日の節句という名称は、古代中国の風習に由来し、1日から7日まで、それぞれの日に殺生しない動物を定めていたとか、それぞれの日に動物を当てはめ占う風習があったといわれています。

7日は人の日とされ、犯罪者に対する刑罰は行わない日、人を大切にする日とされました。

また、人の日には、

「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」

と呼ばれる、7種類の菜が入った吸い物を食す風習がありました。

日本では、この風習が伝来する以前から、年初めに雪の間から芽を出した若菜を摘む、「若菜摘み」という慣わしがあり、2つの風習が融合し、現在の「七草粥」が形作られたようです。

江戸時代には、幕府公式の行事となり、将軍から庶民にいたるまで、七種粥を食べて人日の節句を祝ったそうです。

七草粥に入れる植物は、地方によって異なることもありますが、一般的に

  • セリ
  • ナズナ
  • ゴギョウ
  • ハコベラ
  • ホトケノザ
  • スズナ
  • スズシロ

の7種です。

古くは、コメ・クリ・キビ・ヒエ・ミノ・ゴマ・アズキの7種の穀物で作られたという説もあり、現在の「春の七草」が使われるようになったのは、鎌倉時代以降とされています。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ