一夜官女祭!野里住吉神社で行われる奇祭

サイト内検索

大阪市西淀川区に鎮座する野里住吉神社では、2月20日に国内では珍しい人身御供(ひとみごくう)の神事で、府の指定民俗文化財に指定されている「一夜官女祭」が行われています。

由来は昔、水害と疫病によって苦しめられたこの地に住む人々は、人間を供物として神様に捧げることを決意しました。

白矢が打ち込まれた家の娘を唐櫃(からびつ)に入れて、毎年決められた日の深夜、神社の境内に奉納しました。

奉納はその後6年も続き、7年目の準備に村人が取りかかっているところ、一人の武士が訪れました。

「何をしているのか?」と尋ねてきたので村人が事情を説明すると、その武士は自分が人身御供になると言い出し、自ら唐櫃に入り、餅・酒・干し柿・大根・白菜・小豆・豆腐・コイ・フナ・ナマズと共に奉納されました。

夜が明けて村人達が神社の境内へ向かうと、武士の姿はなく、唐櫃は壊れ周囲は血に染まっていました。

人々が血痕を辿っていくと、中津川の下流に位置する隣の申(さる)村で大きな狒々(ひひ)が絶命していました。

また、絶命していたのは武士とする説や大蛇だったとする説、武士の正体は大阪夏の陣で討死した薄田隼人(別名:岩見重太郎)だとする説など様々あります。

その後水害と疫病がおさまり、村人達が武士に感謝し、神事として崇めるようになりました。

祭礼では、七人の少女と七台の曲げ物桶、そして武士と一緒に奉納した10品の食物が供えられます。

人身御供として犠牲になった娘達は、本殿裏にある「乙女塚」に祀られています。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ