地蔵盆の起源や由来とは?子供が主役のお祭り

サイト内検索

近畿地方や新潟、福井、長野など一部地域では、8月23、24日を中心に「地蔵盆」が盛んに行われています。

「地蔵会(じぞうえ)」や「地蔵祭」とも呼びますが、お盆祭の終りの日に行われることから「地蔵盆」の名が通称となっています。

お寺や地域で祀るお地蔵様に飾り付けをしたり供え物をして法要をいとなむ、地蔵信仰から生まれた伝統行事です。

スポンサーリンク

地蔵尊は、子供や地域を守護する仏であるため、子供を主体とするお祭として行われることが多く、夏休み最後の一大イベントとして親しまれています。

地域により様々な風習が伝わっていますが、地蔵尊を絵具などで化粧するところが多く、そのほか、仏僧による読経、お菓子の配布、手料理の振舞い、夜には、盆踊りや花火などを楽しむのが一般的です。

京都が発祥ともいわれている「地蔵盆」ですが、その起源や発祥などは判然とせず、地域ごとに様々な由来や謂れが残されています。

しかし、その中でもよく語られる逸話として、平安時代の公家で歌人でもあった、小野篁(おののたかむら)の話があります。

昼は朝廷に仕え、夜は地獄の閻魔大王の下で働いていた小野篁は、ある日、地獄で苦しむ死者に代わり、自身の体を地獄の火で焼いている閻魔大王の姿を目撃します。

実は閻魔大王は、あらゆる人を救済するように仏から委ねられた地蔵菩薩の化身で、地獄の王に身を変えて人々を救う手立てを行ってました。

これを知った小野篁が閻魔大王を救うべく、お地蔵様の縁日にあたる旧暦7月24日に供養を始めたのが、地蔵盆の由来とされています。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ