ジューンブライドとプロポーズの日の意味

サイト内検索

6月に結婚すると花嫁は幸せになれるという「ジューンブライド」は、ヨーロッパに古くから伝わるジンクスで、現在では日本でも広く浸透しています。

この言い伝えは、ギリシャ神話に登場する最高神ゼウスの妻で、結婚や母性、貞節を司る「ヘラ」を起源としています。

スポンサーリンク

「ヘラ」はローマ神話に伝承されると、6月の女神であり結婚生活を守護する「ユノ」と同一視され、6月に結婚した花嫁は「ユノ」の加護を受けることができるとする風習が生まれました。

日本では、6月の雨季に挙式をするカップルが少なかったことから、ホテルやブライダル業界がビジネス戦略の一環として、「ジューン・ブライド」=「幸福な花嫁」というイメージを打ち出したため、本来の意味まで知っている人は少ないようです。

また、「ジューンブライド」にちなんだ記念日として、6月第1日曜日の「プロポーズの日」があります。

これは、全日本ブライダル協会の会長を務めている、ファッションデザイナーの桂由美さんの提唱により、プロポーズのきっかけの日となるよう1994年に制定されました。

この日にプロポーズをするという意味ではなく、なかなかプロポーズに踏み切れない男性を後押ししたい、人生を決める大切な告白をした日を覚えていてほしい、という思いが込められているそうです。

一般的には、二人が出会った日や付き合い始めた日など、カップルにとっての記念日のほか、誕生日やクリスマス、バレンタインデーなどのイベントに、プロポーズを望んでいる女性が多いとされています。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ