門松や注連飾り、鏡餅を飾る時期とは?

サイト内検索

正月行事は、先祖の集合霊である年神様をお迎えするための行事で、年神様は、その年の健康や五穀豊穣、生きる力を授けてくれます。

スポンサーリンク

門松や注連飾り、鏡餅など、よく知られている正月飾りは、いずれも年神様が宿る場所と考えられているため、綺麗に掃除した後に飾りたいものですが、いったいどのタイミングで飾れば良いのでしょうか?

門松と注連飾りは、松の内に入る12月13日以降であれば、いつ飾っても良いとされていますが、通常、クリスマスは避けて設置されています。

しかし、29日は「二重苦」、31日は「一夜飾り」と呼ばれているため避けたいところです。

また、片付ける時期は地域で異なり、概ね1月7日の松の内や15日の小正月までと言われています。

三種の神器の一つ、八咫鏡を形取ったものとも言われる鏡餅は、床の間が飾るのが最も相応しいとされていますが、無い場合は玄関から遠い奥まった位置に飾られます。

飾り始めの時期は、「八」が末広がりで縁起が良いことから12月28日が良いとされ、一般的に1月7日の松の内が終わった後に下げ、1月11日に鏡開きが行われています。

浄土真宗では、日の吉凶を選ばないという教義があり、大安などの暦注や語呂合わせを意識せず、12月31日朝の勤行後から、夕方の勤行前までに尊前へ鏡餅が供えられ、1月4日朝の勤行後に控えます。

正式な作法は、本尊前に三重の鏡餅を一対、その他の尊前には二重の鏡餅を供え、「折敷(おしき)」に白紙を敷いて飾ります。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ