海外旅行しやすい国、日本

サイト内検索

日本人が海外旅行しやすい理由を日本の若者が理解していない。

日本以外の国では海外旅行をするためにVISAが必要になったり、一時帰国をしなくてはならない国なども有り、容易に海外旅行をする事ができない国々もあります。

そのため海外旅行の際にVISAの発行を行い措置を行うことが必要な国々があります。

日本人の旅行者は多くの国でVISAが不要、(または最低3ヶ月)の滞在をする事が出来、かなり十分な期間を一定の国で滞在する機会を持っています。

海外旅行をする事が容易にできない国等も、あります。

全国民の1%以下の人々が国を出ることができない国等の代表的な国が北朝鮮です。

北朝鮮の国民はパスポートの発行すら難しいとの事、また共産国家のロシアでも国民が海外に旅行する際には最高でも一カ国のみの移動が許されていて、連続して他の国への渡航が国の法律によって規制されています。

海外での行動については各個人の自己責任

海外での緊急の事故などについては旅行者の各自の責任になります。

海外オデのトラブルにおいては日本の外務省は何もしません。

事故に巻き込まれても地元の警察に頼るか、事故の際には現地の弁護士に解決を依頼する事が大切です。

特に多いのが盗難ですが、管理は各自の自己責任です。

海外旅行保険に空港で入会することもできますが、盗難保険を受け取る際には現地の警察での盗難届が必要になります。

それは、ともかく、外国との国交を規制されたり、不自由な国が多い中日本は、簡単に海外旅行をする事ができる素晴らしい国である事を皆さんも、自覚してください。

航空チケットに税金がかかる国もある

日本は海外に旅行しやすい国の理由として航空チケットもあります。

日本は、格安チケットもインターネットで購入することが出来、いつでも電子チケットを発行する事が出来ます。

ですが、航空チケットに税金がかかる国もあります。

中には20%から30%以上も税金がかかる国もありますので、チケットを購入する際に高く付いてしまう国もあります。

このようなことから日本はかなり海外旅行をしやすい国なのです。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ