6月16日は和菓子の日!嘉祥菓子が由来

サイト内検索

和菓子を全国にPRし需要の拡大を狙うと共に、日本の食文化を正しく後世に伝え残すことを趣旨として、全国和菓子協会より1979年に「和菓子の日」は制定されました。

日付を6月16日としたのは、仁明天皇が菓子類を神前に供え疫病退散を祈願した「嘉祥菓子(かじょうがし)」と呼ばれる故事に由来しています。

スポンサーリンク

平安中期の承和年間、国内では疫病が大流行し多くの人々が病に倒れていました。

仁明天皇は、事態の好転を図るため年号を嘉祥と改め、その年の6月16日には、神様のお告げに従い16種類の菓子を供え、疾病の退散と健康招福を祈願しました。

すると、たちどころに祈願は成就し、疫病はすっかり治まったと伝えられています。

これを起源として、6月16日に厄除けと招福を願い菓子を食す「嘉祥菓子」や「嘉祥祝い」などと呼ばれる風習が生まれ、時代と共に形を変えながら伝承されていきました。

江戸時代の将軍家では、城内の大広間に約2万個の菓子を並べ、大名や旗本に分け与える「嘉祥頂戴」という盛大な儀式が行われていたそうです。

庶民の間では、銭16文または米一升六合で16個の菓子を買い求める「嘉祥喰」と呼ばれる風習が広まり、明治時代頃まで行われていました。

現在でも、大阪を中心とした地域では、漢方などに用いられる16種類の自然素材を使って製造された「笑わず餅」を食べる風習が残っているそうです。

「和菓子の日」は、今では忘れられてしまった歴史ある風習を、現代に復活させる役割も担っており、全国各地の和菓子店では、この日に期間限定の商品が発売されています。

昨今では洋菓子を食べる方が多くなりましたが、これを機会に和菓子の魅力を見直してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ