カキ氷ダイエットは痩せる?

サイト内検索

夏になると夏らしいダイエット方法が次々と発見されていきます。

その1つが「カキ氷ダイエット」でした。

たしかにカキ氷は、どんなに食べても氷ですからカロリー0です。

小腹にちょうどいい上に美味しいのでどんどん食べれます。

しかしやり方によっては、逆に太ってしまうこともあるのです。

カキ氷ダイエット

そもそも「カキ氷ダイエットが痩せる」とはどういった仕組みだったのでしょうか。

カキ氷を食べると、体が氷を体温と同じ温度まで温めます。

温めるためには、エネルギーが消費されるので消費カロリーが増加し痩せるという仕組みです。

1リットルの氷を凍らせてカキ氷を作り、それを食べた場合、160キロカロリー(ご飯一膳の2/3)のエネルギーを消費することになるのです。

「食べるのに痩せる」という話は、どんなダイエットにもとても魅力的なキーワードですよね。

カキ氷ダイエットが太るのはなぜ

ではなぜカキ氷ダイエットは太る場合があるのでしょうか?

なぜなら、カキ氷ダイエットは、ダイエットの中でも逆の行為をしているからです。

その逆の行為とは、「冷やす」ということ。

温かいものを食べたり、体をサウナなどで温めてエネルギーを消費するという行為は、今まで効果があるといわれ続けていたダイエットです。

「冷やす」ということは、限度を超えると血流が悪くなりむくみの原因となる他、冷えた体は、脂肪が燃えにくく太りやすくなるのです。

そのため「冷やす」をダイエットとして利用する場合、限度を考えなければいけません。

カキ氷ダイエットの正しい方法

正しい方法とは、一日カキ氷を1リットル以上食べないことです。

1リットルとは、カキ氷5人前です。

そして冷え性の方、基礎体温が36度以下の方は、低体温症なので「カキ氷ダイエット」は残念ですが向いていません!

他のダイエットをしましょう。

もちろんシロップは、フルーツをミキサーにかけてシロップにしましょう。

市販の物を使うとダイエットになりません。

限度を考えれば、正しく苦のないように痩せられるので、是非試してみてください。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ