新年の抱負!書初めの由来と仕来り

サイト内検索

冬休みの宿題の定番となっている書初めは、廃れつつある正月行事のなかで、多くの人が経験している伝統行事の一つといえます。

書初めの由来は、平安時代の頃より宮中で行われていた、「吉書初め」と呼ばれる儀式を起源としており、江戸時代になって、寺子屋が普及すると共に庶民へ広まったとされています。

スポンサーリンク

明治時代以降、学校教育において習字が必修科目とされたため、正月に書初めを行う文化は廃れることなく、現在に受け継がれていきました。

昔は仕事始めが1月2日であったため、この仕来りに倣い、書初めも1月2日に行うようになりました。

元日の朝、その年初めて井戸から汲んだ水(若水)を使って墨を摺り、恵方に向かって四字熟語や詩歌を書き、年神棚へ納めたり恵方の方角に貼るのが慣例だったそうです。

中でも「長生殿裏春秋富、不老門前日月遅」という漢詩がよく好まれて書かれていたようす。

書いたものは、小正月に行われるどんど焼きの時に燃やし、燃えカスが高く昇ると字が上達するとされています。

昭和の初めごろまでは、学問の神様である菅原道真の絵の前で書初めを行う風習があり、現在でも、菅原道真を祭神とする天満宮において、書初め行事が行われています。

代表的なものに、三が日に行われる大阪天満宮の「新春書き初め大会」や、2日から4日にかけて行われる北野天満宮の「筆始祭」と「天満書」などがあります。

また、1月5日には、日本武道館が主催する「全日本書初め大会」が行われ、毎年全国各地から15000点にも及ぶ書初めが出品される一大イベントとなっています。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ