氷室開きと氷室万頭!金沢の伝統行事

サイト内検索

石川県金沢市では、7月1日を「氷室の日」や「氷室の節句」と呼び、アンズやビワ、胡瓜のなます、竹輪などを食す風習があります。

特に、無病息災を願って食べられれる「氷室万頭」は、古くから伝わる縁起菓子として多くの市民に親しまれています。

「氷室万頭」は、こし餡の入った丸型の酒饅頭で、自宅用はもちろん、嫁入り先の家族にも届ける風習があり、この日は早朝より、市内の和菓子店に長蛇の列ができるそうです。

この慣わしは、金沢に夏の始まりを告げる風物詩であり、藩政時代から継承されている伝統行事でもあります。

江戸時代の加賀藩前田家では、室(むろ)に保存されている雪氷を、幕府に献上することが習慣となっており、毎年7月1日(旧暦6月1日)を「氷室開き」と定めていました。

切り出した氷を笹の葉や筵(むしろ)に包み桐の二重造りの長持ちに収め、八人の飛脚により昼夜をついで江戸へ運んだそうです。

江戸の加賀藩邸では、送られてきた氷雪を保存する氷室があり、献上品として将軍家に氷を収める共に、藩に仕える江戸詰めの家臣らも、暑い夏に貴重な氷雪を食べ、風流を楽しんだと伝えられています。

「氷室饅頭」は、5代目藩主綱紀の頃、地元で菓子屋を営んでいた道願屋彦兵衛が、江戸へ向かう道中一行の無事を祈り、饅頭を神社に供えたことが起源とされ、その後、貴重な氷を手に入れることができない町民の間で、氷の代わりに饅頭を食べる習慣が広まりました。

「氷室開き」は昭和の中頃に一度途絶えましたが、衣装や方式など当時のものを復元して、昭和61年に観光行事として再開されています。

ちなみに現在でも、前田家当主の末裔から徳川将軍家の末裔の方に、氷が進呈されているそうです。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ