「加賀百万石まつり」の歴史と見所!金沢市

サイト内検索

北陸新幹線が開通したことにより、多くの観光客が押し寄せている金沢市では、例年、6月第1土曜日を中心とした3日間、「加賀百万石まつり」が開催されています。

加賀藩の礎を築いた前田利家が、1583年6月14日に金沢城へ入城したことに由来する歴史あるお祭りで、その起源は、江戸時代に行われていた「百日祭」と言われています。

大正12年から昭和20年までは、尾山神社の「封国祭」と合わさり「金沢市祭」として運営され、昭和27年からは、市と商工会議所が主導して、街全体がお祭り一色に染まる現在の形式へと発展しました。

毎年、多くの観客が訪れるお祭りのメインイベントは、前田利家一行が入城する様子を再現した「百万石行列」で、金沢駅東広場から出発して、4時間ほどかけて金沢城公園へ向かいます。

行列の主役となる利家とその妻お松の方は、著名な俳優が起用され、獅子舞や神輿、吹奏楽隊、加賀鳶、子供奴などが巡行する、賑やかなパレードとなっています。

また、市内の児童らが提灯や太鼓を持って市内をねり歩く「子ども提灯太鼓行列」や、諸流派のお点前が披露される優雅な「百万石茶会」、地元のサークルやグループなど約11000人が参加する「百万石踊り流し」、舞台の周囲にかがり火を焚いて演じられる幽玄な「百万石薪能(たきぎのう)」なども見所です。

そのほか、燈ろうの儚げな光が浅野川を流れ、幻想的な雰囲気を生み出している「加賀友禅燈ろう流し」は、金沢に初夏の訪れを告げる風物詩として人気があります。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ