「神田祭」の起源!日本三大祭の一つ

サイト内検索

東京都千代田区にある神田明神では、干支が丑・卯・巳・未・酉・亥の年、西暦でいうと奇数年に「神田祭」が斎行されています。

例年、神事のなかで最も厳粛な「例大祭」は5月15日、神田・日本橋エリアを大行列が群行する「神幸祭」と、

スポンサーリンク

100基ほどの町会神輿が宮入参拝する「神輿宮入」は、15日に近い土・日曜日に執り行われることが多く、そのほか様々な祭事も含めると、1週間ほどの日程となる大規模な祭礼です。

江戸を代表する大祭であることから、日枝神社の「山王祭」とともに「天下祭」と呼ばれているほか、「江戸三大祭り」の一つとしても数えられています。

また、京都の「祇園祭」、大阪の「天神祭」と並び「日本三大祭」としても全国に知られています。

神田祭の起源は、記録がほとんど残っていないため詳細はわかっていませんが、古くは9月15日に祭事を行っていたようです。

社伝によると、徳川家康は関ヶ原の合戦に赴くとき、神田明神に勝利の祈祷を命じ、ちょうど神田祭の例大祭の日に勝利をおさめ天下統一を果たしたことから、家康の崇敬するところとなり、徳川家縁起の祭礼として大祭化しました。

1600年代後半までは毎年斎行され、当時は、船渡御や山車が中心のお祭りで、江戸城内に祭礼行列が入り、将軍や御台所もその様子を見物したそうです。

明治時代に入ると、台風の時期を避けるため、祭月は9月から5月へ変更され、また、電線架線などの影響から山車は大幅に減少しました。

大正時代には、山車の姿は祭りからなくなり、変わりに神輿が渡御する祭りへと変わって行きました。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ