神嘗祭と初穂曳とは?伊勢神宮の神事!

サイト内検索

天皇が国家と国民の安寧と繁栄を祈る宮中祭祀の一つ「神嘗祭(かんなめさい)」は、数ある伊勢神宮の行事の中で最も重要とされている神事です。

スポンサーリンク

元々は宮中および伊勢神宮のみで儀式が執り行われ、戦前までは国民の祝日とされていましたが、現在では、全国の神社においても奉祝の意味をこめて行われています。

「神嘗祭」は、その年の新穀を天照大御神に奉納し、豊作を祝い五穀豊穣を感謝するお祭りで、「神嘗祭」のときに御装束や祭器具を一新することから、「伊勢神宮の正月」とも言われています。

721年(養老5年)から始まったとされる歴史ある行事で、かつては、旧暦9月17日に奉納されていましたが、1872年(明治5年)から新暦9月17日に実施されるようになり、1879年(明治12年)以降は10月17日に行われています。

厳かに粛々と儀式が進行される「神嘗祭」に対し、大衆が中心となって賑やかに行われる「初穂曳」は、その年に収穫された新穀を外宮へは陸曳で、内宮へは川曳で奉曳する行事です。

式年遷宮を構成する祭事の1つで、建築用材を曳き上げる「御木曳」と「お白石持」がありますが、20年ごとの行事であるため、奉曳の技術伝承における支障が懸念され、1972年(昭和47年)から、同様の技術が必要とされる「初穂曳」が毎年開催されるようになりました。

日程は、外宮領陸曳が15日、内宮領川曳が16日に開催され、奉曳された新穀は17日の「神嘗祭」で奉納されます。

「初穂曳き」の日は、「神嘗奉祝祭」として全国から民謡踊連や木遣りグループが多数招待され、各所で歌や踊りが披露されます。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ