顔が太って見えることの解消法

サイト内検索

どんなに体が細い人でも顔が太って見える人っていますよね。

体重はそんなにないのに太って見えるととても損に思えます。

原因は様々ですが、どれも小顔になれる方法があるのでまだあきらめてはいけません!

スポンサーリンク

顔が太って見える原因

まずは「むくみ」です。

血流が悪かったり、リンパの流れが悪いとむくみが現れてしまいます。

むくみは、生活習慣が原因で例えばお酒をたくさん飲んだ次の朝、顔がむくんで見えますよね。それがむくみです。

他にも味の濃いものを好んで食べ続けたり、ストレスや夜更かしもむくみの原因です。

次に「顔がこっている」ということです。

「肩がこる」は、よく聞きますが顔もこるものなのでしょうか?

これは笑顔が命の接客業の職種に就いている人だけではなく、肩こりからリンパの流れを悪くしてしまい起こる顔のこりも含まれています。

つまり長時間同じ姿勢や重いものを運ぶ仕事なども含まれるので、大半の人に当てはまることなのです。

他にも骨格の歪みや脂肪など様々な原因がありますが、全てにおいて「筋肉トレーニング」で直しましょう。

スポンサーリンク

顔の筋肉トレーニング

筋肉トレーニングといってもハードなものではなく、顔の筋肉をたくさん動かすことが目的です。

顔を縦に引っ張られているように目と口を大きく開き、次に縦に縮めるように目と口を閉じるだけでもトレーニングになります。

横方向も同じようにやってみましょう。

あまり動かさない筋肉を動かすので変顔になるのですが、これをゆっくり行うことで、小顔効果が生まれます。

また長い期間続けるようにしてなるべく顔の血流が良い状態を通常にしておきましょう。

お風呂で少しやってみたり、寝る前に行うとよりやりやすいかもしれません。

血行がよくなると顔色も明るくなり、周囲の人に好感をもたれるようになったり、痩せる効果も期待できます。

顔が太ってみえないためにも小顔を目指し全身美ボディを目標に頑張りましょう。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ