火星は43億年前に水が存在していたと実証!

サイト内検索

アメリカ航空宇宙局(NASA)は3月5日に発表した新事実として43億年前の火星では水が存在していたことを明らかにした。

これは、調査を行ったのがNASAの科学者であるGeronimo Villanueva氏らの実験の成果によるものである。

3月5日付け、米科学誌「Science」でも話題である。

この調査は2000年からスタートした企画であり、多くの関心を呼んでいる。

NASAは火星周辺に、無人偵察機を飛ばして研究を続けているが、今回はNASAの科学者であるGeronimo Villanueva氏がコンピュータで43億年前に遡って計算した結果になる。

また研究で使われた観測地も最新、チリにあるヨーロッパ南天天文台のVery Large TelescopeやハワイにあるW・M・ケック天文台などの観測施設等、水(H2O)と重水(HDO)を測定し、「今までに大気中からどのくらい水が失われたか」という逆計算をした結果、あきらかになった。

NASAの科学者であるGeronimo Villanueva氏は水がどのくらい失われたのかを計算すること、調査結果として判明した細かい事実として約43億年前には約137mの深さで火星全てを覆うことのできる水量があったことも判明している。

現在の地表状態から、北半球に全表面積の19%を覆う海をコンピューターグラフィックで再現することにも成功している。

NASAの科学者であるGeronimo Villanueva氏らの実験の成果も今後の活動対象として着目することができる。

この調査結果からなぜ火星の水がなくなったのかも調査対象になりそうだ。

また火星から地球に水が移動した可能性なども図ることも可能で今後の調査も非常に楽しみな出来事でもある。

同成果はNASAの科学者であるGeronimo Villanueva氏による研究成果になりますので、今後も同成果はGeronimo Villanueva氏の研究から目が離せない。

火星に到着したNASAの探索記での地質調査が始まるのが今年、更なる火星の調査を進め、証拠を物証として持ち帰ってもらいたいものだ。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ