春日若宮おん祭!900年続く奈良の風物詩

サイト内検索

春日大社の摂社である若宮の祭礼「春日若宮おん祭(かすがわかみやおんまつり)」は、12月15~18日に奈良公園の周辺で行われています。

スポンサーリンク

1136年から一度も途切れることなく、連綿と守り継がれている伝統行事で、大雨洪水により飢饉や疫病が相次ぐことを憂いた時の関白・藤原忠通が、若宮に神霊を迎えて丁重に祭礼を奉仕したのが始まりと言われています。

祭礼は芸能祭的色彩が濃く、奉納される能や雅楽、神楽などは、古典芸能の継承・保存に大きな役割を果たしています。

15日の「大宿所祭」は、おん祭を中心的に進行する大和士(やまとざむらい)、大宿所詣行列の参加者、一般参拝者らを清めるため、巫女さんが笹の葉でお湯を降り注ぎ、鈴を鳴らしてお祓いをする「御湯立」が行われます。

また、祭にちなんだお札やお守りが授与されるほか、郷土料理「のっぺ汁」も振舞われ、祭りは初日から多くの人で賑わいを見せます。

続く16日の「宵宮祭」では、おん祭が滞りなく行われるように祈る行事が執り行われています。

17日は、午前0時より主祭神の天押雲根命(あめのおしくもねのみこと)を、神社本殿から参道脇のお旅所へお遷しする「遷幸の儀」、正午からは祭礼に関わる一行が煌びやかな衣装を身に纏って奈良公園周辺を練り歩く「お渡り式」が行われ、その後、仮御殿の前の舞台では、古くから日本に伝わる芸能が次々と奉納されます。

18日午前0時に神様は神社本殿へ帰られ、昼過ぎから奉納相撲や後宴能が行われ、古式ゆかしいお祭りは締めくくられます。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ