軽バンを自分で営業ナンバー(黒)に変更しよう

サイト内検索

今日は軽バンで営業ナンバーを取得した経緯を備忘録として書いてみたいと思います。

最初に軽車両の営業ナンバー(黒ナンバー)取得はとても簡単です。

実際に私が黒ナンバーを取得した流れを説明しますね。

軽貨物の営業ナンバー取得に必要なもの

軽貨物の黒ナンバー取得に必要な書類は以下です。

  1. 貨物軽自動車運送事業経営届出書
  2. 運賃料金設定届出書
  3. 事業用自動車等連絡書
  4. 車検証(コピー)

書類は作成したものをコピーし2部提出します。

1と2は運輸支局に提出すると受付印が押された一部を返してくれるので、届け出業者である証明として自分で大切に保管します。

3は返してもらった1部を軽自動車検査協会に持っていきます。

事業用自動車等連絡書は事前に用意する所と受付時に発行してくれる所があるらしいので管轄の運輸支局で確認してください。(私の場合埼玉支局で行ないましたが自分で用意しておいたものに記入しました。)

4は手続き終了後一部を返してくれるので軽自動車検査協会に持っていきます。

軽貨物の営業ナンバー取得に必要な費用

軽の営業ナンバー取得に必要な費用はナンバー代1500円程度と手数料が50円程度ですが、軽自動車検査協会で渡される申請書類がマークシート方式なうえ、住所を住所コード検索で数字に変換して記入する必要があり面倒なため代書屋を頼むと1500円程度かかるので3000円位となります。(私は記入がさっぱりわからなかったため代書屋に頼みました。)

以上が軽貨物の黒ナンバー取得に必要な経費で、事前に自動車登録関係コード検索システムで自分の住所のコードを確認しておきマークシート部分の記入例を調べておけば1500円程度のみで済みます。

なんだ、安いじゃないか!と安心しきっていると営業車用の任意保険という関門が待っていますよ。

軽貨物の営業車の任意保険は保険の種類が違うため新規扱いとなり年間150,000程度、月払いで1万円以上になると覚悟してください。

軽貨物の営業ナンバー取得の流れ

軽貨物の黒ナンバー取得は営業する住所の管轄の運輸支局と軽自動車検査協会に足を運ぶだけなので書類に不備がなければ半日で終わります。

必要書類の作成

まずは事前にネット上で検索し管轄の運輸支局のHPから貨物軽自動車運送事業経営届出書・運賃料金設定届出書・軽自動車運送事業運賃料金表・事業用自動車等連絡書(注)をダウンロードして書類を作成しコピーして2部づつ作っておきます。

書類の記入は簡単です。

管轄の運輸支局へ行く

私の場合は埼玉県での営業登録なので埼玉運輸支局に行きました。

貨物軽自動車運送事業経営届出書・運賃料金設定届出書(軽自動車運送事業運賃料金表を含む)・事業用自動車等連絡書(注)・車検証のコピーを運輸支局に提出します。

貨物軽自動車運送事業経営届出書・運賃料金設定届出書(軽自動車運送事業運賃料金表を含む)・事業用自動車等連絡書(注)・車検証のコピーを一部づつ返されるので受付印の押された貨物軽自動車運送事業経営届出書・運賃料金設定届出書(軽自動車運送事業運賃料金表を含む)は大切に保管します。

運輸支局では料金の発生はありません。

管轄の軽自動車検査協会へ行く

運輸支局でわたされた事業用自動車等連絡書と車検証のコピー・ナンバー変更する車のナンバーを外して軽自動車検査協会に行く。

ここでナンバー交付代金と手数料を支払い黒ナンバーが手に入るのですが、実はナンバー交付の申請に2枚の書類に記入して提出しなくてはいけません。

軽自動車検査協会の受付が16時迄なのに時間は15時を過ぎていたことと(しかも超混んでる)、マークシート型式の意味不明な記入シートを目にした途端、1500円弱で代書屋に頼んでしまいました。(^^;

これからナンバー交付を受ける方は、事前にネットで検索して記入方法を調べておけば十分対処は可能なはずです。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ