「敬老の日」日本ならではの祝日

サイト内検索

長年に渡り社会へ尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝うことを目的に制定された「敬老の日」は、年配者を大切にする日本ならではの祝日です。

2001年の祝日法改正(ハッピーマンデー制度)により、現行の9月第3月曜日へ移行しました。

スポンサーリンク

当初は、毎年9月15日に実施されており、この日は、身寄りのない老人を救うため聖徳太子が悲田院(ひでんいん)を設立した日、または、親孝行にまつわる伝説を持つ養老の滝へ元正天皇が行幸された日とされています。

このように由来は諸説あるようですが、今日に続く「敬老の日」の始まりは、兵庫県野間谷村(現:多可町八千代区)の村長らにより、1947年に提唱された「としよりの日」が発端とされ、その後、幾多の変遷を経て制定に至っています。

野間谷村では、従来より農閑期に当たる9月中旬の15日に、高齢者を労わる「敬老会」と呼ばれる集まりがあり、これが老人を敬う日として兵庫県全体でも行われるようになって、1951年に中央福祉協議会により「としよりの日」が制定されます。

1963年には、敬老精神と老人福祉への関心向上を図るため、老人福祉法によって「老人の日」が定められ、1966年の「国民の祝日に関する法律」の改正により、「老人の日」は「敬老の日」と改称され、祝日として制定されました。

ちなみに、2001年のハッピーマンデー制度による日付の変更に際し、提唱者から遺憾の意を表明したほか、高齢者団体からも反発が相次いだため、9月15日を元の名称である「老人の日」とし、同日より1週間を「老人週間」としています。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ