機内食をヘルシーにたべる5つの方法

サイト内検索

空の旅の楽しみは機内食、かどうかはそれぞれご意見があろうけれども、出される食べ物をどう食べればヘルシーかなど、考えたことはおありかな?

機内で出される食事について、なにを食べなにを飲むのかを意識して取り組むと、飛行機を降りたあとの気分がまるっきり違うのだ、ということを考えてみよう。

次の空の旅に役立つこと請け合ひだ。

まず、スケジュールどおりに食べよう。

フライトが日付変更線をまたぐ時点では、出発点での食事スケジュールを守って空腹を我慢するのがポイントだ。

そうすることで、朝食、昼食、夕食をまるで摂らないとか、ダブって食べてしまうようなことがなくなるのだ。

そこから先の旅は、ローカルタイムに合わせて、三食をしっかり食べ、一日2回のスナックもいい。

機内スナックのDIY(Do it yourself) を提案したい。

空港にある持ち込み食やスナックにヘルシーなものはないとしたものだ。

だから、家から持ってくるに限る。

長いフライトになると分かっているなら、はじめからコンパクトで栄養たっぷりの、繊維質が豊かなものがいい。

繊維質はゼロカロリーだし、消化がゆっくり、だから繊維質の多い果物とか野菜類とか、ナッツとかは、軽いし、加工食品よりはるかに満腹感がある。

ヘルシーで満足感のあるDIYスナックなら、シナモンのがけのロースト・アーモンドをぜひお試しあれ。

しっかり水を飲まれるのがよろしい。

空を飛ぶというのは体の水分を奪うもので、ご存知のようにアルコールやカフェインは利尿効果があるから、これも水分を奪うことになる。

だから、機内ではとにかく水をしっかり飲むことだ。

カロリーなしで水分を取り入れるなら、水に限るというわけだ。

ひと罎、ふた罎余計に持って乗ることだ。

しっかり水分補給が行き届いた状態で地上に降り立つ。

はっきり分かるもので、気分がすっきりしている。

おまけに、乾燥肌とか変な疲労感とか、便秘や頭痛などの不快感はない。

水気のある食物を食べること。

水を飲むほかに水分の多めな食べ物を選んで食べたらいい。

果物、野菜はいい。

野菜とチキンやティラピアで繊維とタンパクと摂るなど賢い。

胡瓜のスライスを無脂肪のカテージチーズにひたして食べるなども最高だ。

ラズベリーに無脂肪のギリシャ・ヨーグルトなどとくれば、申し分ない。

機内はとかくストレスのあるもの。

そんな時のために、ヘルシーでストレス軽減に役立つオメガ3を用意して乗ることだ。

コールド・ポーチド・サーモンに温熱野菜などがお勧めだ。

スナックにはクルミや枝豆が格好だ。

(太公望)

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ