祈年祭は、宮中や伊勢神宮をはじめ、神道において最も重要な祭りとして、丁重に執り行われています。

改暦前は旧暦2月4日に行われ、明治の改暦後は2月17日に行われることが多く、地域によっては3月や4月の春祭りと併せて斎行する神社もあるようです。

「きねんさい」または「としごいのまつり」とも呼ばれ、「とし」は稲の実りを意味します。

起源は7世紀後半ごろ、天武天皇の時代から始められた宮廷の春の予祝儀礼に由来するとされ、そこに、中国の大祀祈殻の要素を取り入れたものと推測されています。

また、平安時代の神道資料である「古語拾遣」によれば、大地主神が御歳神の祟りを恐れて、穀物の豊作を祈願したのが祈年祭の起源としています。

古来より日本は稲作中心の農耕を基盤としていたため、五穀の実りを神祗に願う信仰が、律令国家の確立とともに儀式化し、いつしか、農作業が始まるこの時期に田の神を山から迎え、その年の五穀豊穣を願う祭祀として、11月の新嘗祭(にいなめさい)と対を成す形で、神祇官・国司の庁で執り行われるようになりました。

当初は全国の3132座。2861社すべての神社が祈願の対象だったそうです。

その後、豊作祈願のほか産業の発展や国家の平安、国民の繁栄を願う祭りとして、全国の神社へ普及していきました。

戦前までは国家的祭祀としての意味合いが強く、戦後に国家神道が解体されると、通常の祭祀として行われるようになりました。

また、現在では祈年祭と併せて、旧初午祭と御分霊祭が執り行う神社も多いようです。