勤労感謝の日の意味と由来

サイト内検索

1948年(昭和23年)に制定された、11月23日の「勤労感謝の日」は、祝日法によると「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」という意味を持ち、飛鳥時代の頃よりに始まった「新嘗祭(にいなめさい)」に由来する祝日です。

スポンサーリンク

「新嘗祭」は、古代から宮中行事として続けられ、天皇が新穀を神々に供え自らも食し、その年の収穫を感謝し、翌年の豊穣を祈願するもので、収穫を終えて山へ戻られる田の神を送る行事として、民衆の間にも受け継がれていました。

しかし、戦後のGHQの占領政策により、天皇色が強い行事と祝日は切り離され、アメリカの感謝祭 (Thanksgiving Day)に倣い、「勤労感謝の日」と名づけられたと言われています。

現在においても、皇居で11月23日に「新嘗祭」が厳粛に執り行われているほか、伊勢神宮や出雲大社など、全国の神社でも開催されています。

しかし、一般的には、労働者に感謝する日という意味合いが強く、日頃の感謝を伝えるため、子供から両親へプレゼントが贈られたり、同日は「いい夫妻の日」という記念日であることから、レストランで食事などをしながら、夫婦が互いに労をねぎらう姿などが見受けられます。

また、シングルの人は、自分へのご褒美として少し高価な買い物を楽しむ人も多いようです。

年末に向けていよいよ慌しくなってくるので、勤労感謝の日には美味しい物を食べたり、スポーツなどしてストレスを発散し、心も体もリフレッシュしましょう。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ