キラキラネームとシワシワネーム、海外では

サイト内検索

日本ではここ10年ほど、生まれてきた子供にキラキラネームをつけるのが流行っているようです。

この字でどうやってそう読ませるのか、と驚いてしまうような名前もあります。

親は良かれと思ってつけた名前でも、キラキラネームをつけられた子供達が年頃になると、

将来のことを考えて改名をしたがるケースもあるようで、最近になってまた昔風の名前(シワシワネームと呼ぶらしい)をつける親が出てきたそうです。

1993年に東京で、子供に“悪魔”という名前をつけようとした両親がいましたが、“人間の名前としての概念から著しく逸脱している”という理由で、役所が受理してくれませんでした。

海外でも最近、“えっ?”と聞き返したくなるような名前を子供につける親がいます。

レディットというサイトで1人のユーザーが、“今までに聞いた子供の名前の中で最悪の名前はなんだった?”と質問したところ、2日間で18000件以上ものコメントが寄せられ、目を疑うような名前がたくさん含まれていました。  

そこで、世界で禁止されている子供の名前を調べてみました。

  • ニュージーランド・・フィッシュ アンド チップス・セックスフルーツ・フォーリアル・イェイ デトロイト
  • メキシコ・・フェイスブック・ロボコップ
  • フランス・・ナテラ
  • ポルトガル・・モナリザ
  • ドイツ・・オサマ・ビンラディン
  • デンマーク・アヌス

どれも我が子に付ける名前としては、信じられないものばかりです。

上にあげたような不法な名前ではないにせよ、父親や母親が個人的に好きな有名人の名前をつけるケースもあります。

ブリトニー・シャキーラ・ビヨンセやアドルフ・ヒットラーなどはその典型で、実際に存在する子供の名前です。

しかし、アドルフ・ヒットラーと名付けた父親は、のちに政府から子供の親権を取り上げられたそうです。

私の住んでいるカナダには、赤ちゃんの名付けに関しての法律はあまりありませんが、2つの州で、将来赤ちゃんが恥ずかしく感じるような名前をつけることを禁止しています。

ありふれていない名前を付けたいという親心はわかりますが、あまりにキラキラネーム過ぎると子供が将来嫌がる可能性がありますよね。

子供に名前を付けるのは一生に一度の一大事ですが、読みやすく、親しみやすい名前が一番良いような気がします。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ