国際結婚の覚悟と心構え

サイト内検索

今日のグローバル化した世界では、全く別の文化背景を持つ人と知り合うのは容易な時代になり、そのまま恋に落ちる人もいます。

東京などの大都市では、国際結婚のカップルを多く見かけるようになりました。

また外国人との結婚を機に、海外に移住する日本人も増えています。

スポンサーリンク

日本のTV番組にもハーフタレントが多く登場するようになり、今年はミスユニバースジャパンにもハーフ美女が選ばれました。

しかし、国際結婚は何の問題もなく上手くいくのでしょうか?

 国際結婚の前に覚悟しておく事

 結婚前にお互いの両親や親戚のことを知る事は大事なことですが、国際結婚の場合は住んでいる国が違う事もあり、結婚式で初めて相手の両親兄弟と会うという場合もあります。

しかし、相手の国の文化や家族構成を含めた背景、信仰している宗教に関しては結婚を決意する前によく話し合い、理解し、承知した上で結婚を決めることが重要です。

特に宗教に関しては、結婚後や子供が産まれたあとで大きな問題へと発展する可能性があるからです。

 日本では結婚後、両親や義理の両親、兄弟、親戚との関係はつかず離れずといった感じで、盆、暮れ、正月に会えればまずまずかな、という感がありますよね?

でも国によっては、両親や親戚との繋がりがとても強く、同居を余儀なくされたり、毎日のように顔を合わせ蜜接につき合って行くことを要求される場合もあります。

特に別の宗教を信仰している場合には、考え方、食べ物、生活様式など様々なことで衝突することになるかもしれません。

 国際結婚の子育て

 子供が産まれ子育てが始まると、両親が同じ国籍であっても考え方が違うと衝突してしまうものですが、国際結婚の場合は子育てに関する考え方の違いが浮き彫りになり、口論が倍増してしまうのです。

ここで大切な事は、ひとまずお互いの意見を聞き、妥協出来る点を探すことです。

子供がまだ赤ちゃんの場合に関して言えば、大抵は母親の本能的なものが優先されるでしょう。

例えば、日本では赤ちゃんと添い寝するのは普通のことでも、欧米では普通ではありません。

欧米では赤ちゃんは生まれた時から、自分自身の部屋で寝かせるものなのです。

でも日本人のママにはそれができず、結果的に夫がベッドルームを出て行くことになってしまうのです。

このような場合も夫婦がよく話し合い、お互いのやり方を尊重し妥協案を出すのが良いでしょう。

スポンサーリンク

 国際結婚は考え方を尊重しあう気持ちが大切

 どんな結婚でも予期せぬ口論や事態に直面した時は、双方が柔軟性を持ち偏見なく話し合うことが必要ですが、国際結婚では文化背景の相違から口論がしばしば勃発します。

長年連れ添った夫婦なら別ですが、「以心伝心」などというものはないと思う方が得策でしょう。

常に話しあうこと、自分の気持ちを相手に素直に伝えることが何よりも大事です。

子供が両親の2つの国の文化や語学をしっかり受け継ぎ、一つの国の人間ではなく、地球を舞台に「国際人」として活躍できれば素晴らしいことです。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ