10月1日は衣替えの日、その歴史やコツとは?

サイト内検索

夏服と冬服の入れ替えを行う「衣替え」は、季節ごとに官位をあらわす衣類を着替えていた中国の宮廷に倣い、日本では平安時代より宮廷行事として取り入れられました。

スポンサーリンク

当初は「更衣(こうい)」と呼ばれ、貴族階紀だけの慣わしでしたが、室町時代以降では武家社会でも行われるようになり、江戸時代には年4回に増え、期間や衣類も公式に定められ、一般庶民もこれに従ったそうです。

明治時代に新暦が採用されると、政府は軍人や警察官の制服を、6月1日~9月30日が夏服、10月1日~翌年5月31日を冬服と定めました。

これが学生や会社員などにも次第に定着していき、現在でもこの期間を目安として、多くの地域で「衣替え」が行われています。

夏服には、黄ばみやシミの原因となる汗が多く付着しているので、漂白や染み抜き、2度洗いなど、普段の洗濯よりも念入りに行うことが秋に行う衣替えの最大のコツとなります。

湿気を残したまま収納するとカビが発生しやすいので、夏物をしまう前には徹底した乾燥も必要です。

クリーニングに出した衣類も、ビニールカバーを被せたままだと湿気が残るので、カバーを外して出来れば天日干し後に収納しましょう。

また、クローゼットや押入れは、非常に湿気がたまりやすく、カビが生えやすい場所なので、通気性を良くすることも重要です。

空きスペースを作り衣類が呼吸する環境を整えることや、底に炭シートや新聞紙などを敷くこと、乾燥剤や除湿剤を多めに入れておくことをオススメします。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ