小正月の由来と行われる行事とは

サイト内検索

元日の大正月に対して、1月15日は「小正月(こしょうがつ)」と呼ばれています。

厳密には、14日の日没から15日の日没までとされるほか、14日から16日までの3日間を小正月とする場合もあるそうです。

大昔は、月の満ち欠けが暦の基準とされ、満月を基準として1か月としていましたが、そこへ新月を基準とする中国の暦が伝わり、これを当時の政府が採用しました。

スポンサーリンク

しかし、庶民のあいだでは古い暦が生き続け、いつしか新月の元日を大正月、満月の15日を小正月と呼ぶようになったそうです。

小正月には、別名が多く、「二番正月」や「十五日正月」をはじめ、「花正月」や「若年」、「小年(こどし)」とも呼ばれています。

また小正月は、お嫁さんが里帰りしたり、年末年始に忙しく働いた女性達が一休みできるため、「女正月」とも言われています。

現在では、元日の大正月に比べ、小正月はあまり重要視されていませんが、古くは盆と同様に大切な節目として考えられ、1年間の邪気を祓い、無病息災を祈願するため、「小豆粥」を食すほか、「ドンド焼き」や「左義長」、「なまはげ」などが行われています。

また、「餅花」や「まゆ玉」、「削り花」などの飾り付けや、田植えの様子をまねた「田遊び」や「庭田植え」、田畑を荒らす鳥獣を追い払う様子をまねた「もぐら打ち」や「鳥追い」は、五穀豊穣と家内安全を祈願するためのものです。

そのほか、農作物の豊凶を占う「粥占い」や「豆占い」や、妊娠と豊産を願う「嫁たたき」など、小正月には数多くの民俗行事が行われています。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ