煤払いや松迎えを行う正月事始めとは?

サイト内検索

平安時代から江戸初期の間、日本では、暦ごとの運勢を占うために、「二十七宿(にじゅうななしゅく)」という、インドが起源の占星術が用いられていました。

二十七宿において12月13日は、「鬼宿日(きしゅくび)」とされ、婚礼以外は全てのことが吉となる、縁起が良いめでたい日と解釈されていました。

そのため、歳神様を迎える準備を始める日に相応しいと考え、この日よりお正月の準備がすすめられるようになったそうです。

正月準備にとりかかる最初の日である「正月事始め」では、おせちを調理する薪や門松にする松などを採りに行く、「松迎え」と呼ばれる行事が行われていました。

また、この日は「煤払いの日」とされ、歳神様を招き入れるために、家内外の煤(すす)や塵を払い、隅々まできれいに掃除を行なったそうです。

現代においても、多くの寺社で煤払いが行事が行われているほか、年末の大掃除とは別に、この日に神棚や仏壇の清掃を行う家庭も多いようです。

また、日頃お世話になっている親類や上司などに贈るお歳暮は、本来、お正月に祖先の霊や年神様へ供える物で、煤払いや松迎えが済んだ頃に届けることが常識だったようです。

近年では、贈られる時期も早まりつつありますが、正式には12月13日から贈り始める物とされています。

現在では、正月事始めの日を意識することは殆どありませんが、いつも年末が慌しくなってしまう方は、この日を意識して、少し早めにお正月の準備をしてみてはいかがでしょうか。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ