効果があるの?飲みニケーションが苦手

サイト内検索

飲みニケーションとは、仕事上で出会う仲間、上司、部下、取引先の人などと一緒に飲み会をすることです。

お酒の力で親密な会話ができるようになり仕事を円滑に進めるための手段といえます。

最近では飲みニケーションに無理やり参加させることはパワーハラスメントとなっていますが、

スポンサーリンク

その解決方法が問題になっていることもあります。

飲みニケーションを断ると出世できない

飲みニケーションがなくなった社会では、飲み会の誘いを断った者は、出世できないようになっています。

実際、飲みニケーションにより仕事をうまく進めるコツや取引先の情報などを手に入れることが出来ます。

飲みニケーションがないということは、飲みニケーションをしている人よりも不利な状態になるのでなかなか出世しにくいのです。

また飲みニケーションができない人は、「付き合いが悪い」と認識されてしまうため上司や同僚から居なくてもいい者扱いを受けることもあります。

部下を飲みに連れて行かないことは、「ケチな上司」と思われてしまいますし、新密度もなかなか上がりません。

飲みニケーションによって時間を削られ休みがないというのは、昔も今も変わらないのかもしれません。

お酒に強いか弱いかという弱肉強食の世界なのでしょうか。

飲みニケーションがダメな理由

もっとも多い理由は、「仕事以外はプライベート」という理由です。

しかし時には、本当に飲みニケーション自体が苦手な人もいます。

「お酒に弱い」という人は、無理に飲みニケーションを行うことで死の危険につながります。

さらに「女性だから」という理由の人は、男性の多い職場でホステス代わりを任されることも多くセクハラになることも。

子育てと両立する方は、子供を夜中まで一人にすることが育児放棄になってしまわないか不安という意見もあります。

意外な理由として「社外秘を会社以外で話すことが問題」というものもありました。

飲みニケーションには会社の危機も関係しているのかもしれません。

スポンサーリンク

飲みニケーションの代わりに昼食会

現在飲みニケーションの代わりに昼食会など親睦を深める場をつくる会社が徐々に増えています。

昼間に行うことと、お酒のない飲食を共にして親睦を深められるため飲みニケーションよりも良いと好評です。

しかし昔の文化だからか飲みニケーションを禁止することはないため出世問題や飲食会の増加につながることもあるのです。

全員が一斉に動くことが出来れば飲みニケーションの解決方法が見つかるのかもしれません。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ