11月1日は「紅茶の日」大黒屋光太夫の数奇な運命!

サイト内検索

日本紅茶協会により、1983年(昭和58年)から11月1日は「紅茶の日」に定められています。

この日、全国の紅茶専門店などでは、茶葉の割引セールや記念品のプレゼント、限定スイーツの販売、紅茶染めのグッズ作りなど、さまざまなスペシャルイベントが開催されています。

スポンサーリンク

また、紅茶販売の大手企業である日東紅茶では、11月1日を中心として、ティーバッグやインスタントティーのセットが当たるプレゼントキャンペーンが展開されています。

「紅茶の日」の由来は、伊勢出身の船頭・大黒屋光太夫という人物が、1791年(寛政3年)の11月1日に、ロシアの女帝エカテリーナ2世にの茶会に招かれ、日本人として初めて紅茶を飲んだという逸話からきています。

鎖国時になぜ日本人がロシアに?とお思いでしょうが、これは、光太夫ら17人を乗せた船が、1782年(天明2年)に伊勢から江戸へ向かう途中嵐に遭い、8か月の漂流後に当時ロシア帝国の属領だったアムチトカ島に漂着したためです。

その後、光太夫らは、日本語教師などをしながら帰国の道を模索し首都ペテルブルグを目指しますが、帰国するまでには10年ほどの月日を有しています。

当初17名いた仲間も、途中で12名が死亡、2名がロシアへ残留したため、日本に帰国できたのは、光太夫を含む3名だけだったそうです。

大黒屋光太夫の数奇な運命に興味を持たれた方は、1992年に映画化もされている井上靖の長編小説「おろしや国酔夢譚」をぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ