由岐神社の鞍馬の火祭!京都三大奇祭の一つ

サイト内検索

京都市左京区に鎮座する由岐神社(ゆきじんじゃ)では、今宮のやすらい祭、太秦の牛祭と並び「京都三大奇祭」の1つとされる「鞍馬の火祭(くらまのひまつり)」が、10月22日に行われています。

祭りは午後6時から始まり、街道に並ぶ家々の門口にかがり火が焚かれ、松明を手にした幼児達が街道を練り、次いで、小中の松明を担いだ小中高生が加わり、最後に大松明を担いだ若者らが現れ、太鼓が打ち鳴らされる中、「サイレイ、サイリョウ」のかけ声と共に神社山門を目指し練り歩きます。

午後8時頃になると、山門前の石段には百数十本もの松明が集まり、沿道まで熱さが感じられるほど、燃え盛る炎がひしめき合います。

やがて、石段奥の注連縄が切られると、松明は石段下に集められて焼かれ、この後、若者が石段を駆け上がり、祭りは神輿渡御へ移行します。

神輿が参道を下る際、担ぎ手は担ぎ棒にぶら下がり、逆さ大の字に足を広げるますが、これは、かつて鞍馬の男性が行っていた元服の儀式だったそうです。

勇壮な鞍馬の火祭の歴史は古く、平安時代の中期にまで遡ります。

当時頻発していた大地震や戦乱を鎮めるため、都の内裏に祀られていた由岐明神(現:由岐神社)は、940年(天慶3年)に鞍馬に遷されました。

この時、鴨川に生えていた葦をかがり火として道々に灯し、神道具・松明を持った遷宮の行列は1kmにも及んだといいます。

これに感激した住民は、その出来事と由岐明神の霊験を伝えるため、火祭を行うようになったと伝えられています。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ