毎日水を十分飲むことが健康の秘訣

サイト内検索

今まで何度も聞いたことがあると思いますが、健康でいるために人間の身体は一日最低コップ8杯分の水が必要だそうです。

でもこれはあくまでも平均値で、人によって必要量は変わってきます。

体重、性別、健康状態やその他いくつかの要因により、あなたが毎日摂るべき水分量は変わって来るのです。

アメリカの調査だと、アメリカでは成人の40%は一日コップ4杯しか飲まず、7%の人は全く水を飲まないそうです。 

水分が不足すると、頭痛、めまい、疲労感の元になるだけでなく、気分が悪くなったり、頭が混乱したり、機嫌さえ悪くなることがあります。

また水分不足はお肌にとっても大敵です。

しわや肌のカユミの原因にもなります。

夏の間は熱中症にならないよう脱水症状を防ぐ事に気をつけますが、夏だけでなく冬でも脱水症状にはなるのです。

 あなたの身体に十分な水分補給ができているかどうか、確認する方法がいくつかありますが、最も一般的な(論理的)方法は喉が渇いていると感じるかどうかです。

でも喉が渇いていると感じた時点では、あなたの身体はもう水分不足に陥っているのです。

次に尿の状態をチェックしてみて下さい。

色が濃かったり、トイレに何時間も行っていないような場合は脱水症状を起こしています。

水分が足りている場合、尿の色は透明か明るい色で、トイレにも定期的に行きたくなります。

また便秘が続いている場合も水分不足の可能性があります。 

 目をチェックしてみましょう。

目の周りが黒ずんでいたり、目が窪んで見えたりしませんか?

それも水分不足が原因かもしれません。

手の甲を2〜3秒つねってみて下さい。

手を離した瞬間、肌がスムーズに元に戻るならあなたは大丈夫。

でも、ゆっくり戻ったり、肌が何秒かくっついた状態になったりしませんか?

また舌を出した時に、舌の周りが波うっていませんか?

その場合も脱水症状の典型的な症状です。

 水分を確実に摂る方法として、まず朝起きた瞬間に常温の水をコップ一杯飲むようにしましょう。

日中は水にレモンやライム、オレンジなどのスライスを入れてフルーツフレーバーにして水を飲み易くしたりするのも良い方法ですし、水分量の多いフルーツや野菜をなるべく摂るように心がけてみましょう。

 必要量の水分を摂るのは最初は難しいかもしれませんが、習慣化されると気持ちよく毎日を過ごせるようになります。

「命の水」で身も心も潤して、いつまでも若々しさをキープしましょう!

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ