マタニティハラスメント(マタハラ)が問題になっている

サイト内検索

私たちは誰も皆、お母さんの妊娠によって誕生した生命です。

それにも関わらず、近年妊婦さんを悩ませている問題があります。

それがマタニティハラスメント通称「マタハラ」です。

これは少子化問題にも、大きく関連しています。

そして、少子化問題の前に解決すべき事です。

マタニティハラスメントとは

マタハラとは、妊娠がきっかけで妊婦さんの会社での立場を悪くさせたり、産前産後休業(産休)育児休業(育休)を取らせない状況をつくるなどといった圧力をかけることです。

マタハラは、妊娠する前から始まっているケースも多く、面接で「妊娠しないなら採用」と言われることもあります。

また女性の社会進出を世間では推奨していますが、いまだに女性は昇進しにくく、その要因として「子育て」「妊娠」があげられているのです。

産休を取らないと最悪の事態になることも

妊娠のときは、体調が変化しやすくなります。

吐き気や頭痛も異常なほどおこるため生活をするだけでも困難です。

ですがマタハラの場合、「通院のために会社を休むな」「体調が悪いのは甘えだ」と厳しい言葉をあびせることがあります。

働く側の人間ですから、そういった無茶な言葉も素直に受け入れてしまい、無理をした結果階段で倒れて流産・・・

ということもあるため危ないのです。

マタニティハラスメントをする人の男女比

妊娠を経験しない男性がマタハラをすると思われがちですが、実は女性が女性にマタハラをするケースが男性の2倍あるのです。

理由は、「幸せなことがうらやましい」「同じ女なのに妊娠した方だけ男性社員から優しく扱われる」という嫉妬が多いです。

また妊娠を経験した女性だからこそ「私が妊娠したときは産休も育休もなかった。だからあなたも働けるはず」といった個人を考えない発言や圧力も大きいです。

マタハラという名前ができただけでも世間の見方は変わっていきます。

しかしいまだ改善されないこともあり、心配事は多いです。

昔からあった長い戦いですが、女性の社会進出をサポートしあう会社になれる世の中がくることが何より大事なことなのです。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ