「みどりの日」から「昭和の日」へ、その由来

サイト内検索

「みどりの日」また、なかには「天皇誕生日」の方が馴染みがあるという人もいるかと思いますが、4月29日は「昭和の日」です。

2007年に制定された比較的新しい祝日で、激動の「昭和」と言う時代を顧みる日として残したいという趣旨により

スポンサーリンク

現在の名称となったそうですが、その名称の変遷もなかなか波乱に満ちています。

古来より天皇の誕生日は「天長節」と呼ばれ、1873年(明治6年)より正式に国家の祝日と定められました。

4月29日は昭和天皇の誕生日であり、当初は慣例に習い「天長節」としましたが、1948年(昭和23年)より「天皇誕生日」と改称し、1989年(昭和64年)1月7日に昭和天皇が崩御したため、現在の12月23日へ移行します。

孝明天皇のころより先帝の崩御日は代々祝日とされてきましたが、現行の休日法では崩御日を休日とすることができず、また、ゴールデンウィークの一角をなす祝日が廃止されることで国民生活に影響が出るとの懸念から、4月29日を「みどりの日」として存続することが決定されたそうです。

生物学者であり自然を大切にしていた昭和天皇に由来する名称でしたが、「昭和記念日」など天皇を偲ぶ昭和にちなんだ名称を求める声も多かったようです。

しかし、当時の野党に反対され実現できず、その後、2度改正案が提出されますが否決され、3度目の改正案によって2005年に祝日法が改正、2007年から「みどりの日」は「昭和の日」となり、「みどりの日」は5月4日へ移動しました。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ