「夏越しの祓」の由来と風習

サイト内検索

神社や宮中では、お祓は浄化の儀式として日常的に行われていますが、6月と12月の晦日(みそか)に行われるお祓は、万民の罪やけがれを祓い清める大掛かりな神事であり、大祓(おおはらえ)と呼称されています。

特に、上半期を無事に過ごせたことへ感謝し、後半年の無事を祈る6月晦日の大祓は、

「夏越しの祓(なごしのはらえ)」や「水無月(みなづき)祓」と呼ばれています。

その起源は古く、701年に制定された「大宝律令」にも記述があり、朱雀門に百官の貴族が集まって、国民が犯した罪を祓い清めるため、大祓いの祝詞(のりと)を読みあげる祭事を行っていたそうです。

この宮中行事を由来とする夏越しの祓は、次第に各地の神社でも催されるようになり、雨季や夏場は疫病が流行しやすく、また、秋には収穫の時期を迎えることから、熱心に執り行われていました。

厄払いの方法は、古来より様々な形式で伝えられていますが、一般的に「茅輪(ちのわ)くぐり」の神事が有名です。

これは、蘇民将来(そみんしょうらい)の逸話に由来するもので、注連縄を張った結界内に、茅(かや)で編んだ大きな輪を建て、その中を8の字を描くように3度くぐるり、罪や病を祓い残り半年の無事を祈るという行事で、神社や地方により作法が異なることもあります。

そのほかでは、紙で作った人形に名前と年齢を記入し、それを身体に撫でつけて穢れを移し、自身の身代わりにとして神社に納めたり川に流す「人形代(ひとかたしろ)」も各地で行われています。

また、京都では厄払いとして、白い三角形の外郎(ういろう)の上に小豆をのせた「水無月」という和菓子を食べる風習があります。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ