ねぶた祭りの起源と歴史!東北三大祭りの一つ

サイト内検索

青森市の「ねぶた祭り」は、東北の短い夏を全力で楽しむかのように、毎年8月2日から7日までの6日間に渡り、目抜き通りを中心として盛大に行われています。

仙台の「七夕まつり」、秋田の「竿灯(かんとう)まつり」と並んで、「東北三大祭り」の一つに数えられていますが、

スポンサーリンク

見物客の数では他の2つのお祭りを大きく引き離し、例年300万人以上の見物客が押し寄せていることから、東北随一の夏祭りとも称されています。

日本神話や歌舞伎、三国志、水滸伝などを題材とする、「ねぶた」と呼ばれる大型の灯籠を乗せた大迫力の山車と、「ラッセーラ」の掛け声と共に、祭囃子の音にのって威勢よく踊る「はねと」がお祭り最大の見所です。

起源は定かではありませんが、津軽地方で古代から行われていた精霊送りなどの風習と、8世紀の奈良時代に中国から伝来した「七夕祭」が融合した、とする説が有力視されています。

当初は、厄難を灯籠と共に川や海に流し、無病息災を祈る行事でしたが、いつの頃からか灯籠が大型化し、江戸時代中期の資料では、「七夕祭」や「織姫祭」と記された角型の灯籠を、10人前後で担ぐ姿を見ることができす。

灯籠が人型になったのは幕末期で、高さは10mほどだったとされています。

明治に入るとねぶたは一層大型化が進み、高さ20mを超えるものも登場しましたが、戦後、電線や歩道橋を避ける目的で高さ制限したことにより、現行の幅約9m、高さ約5m、奥行き約8mと言う規定が生まれました。

針金を用いて複雑な造形を作る技術が生まれ、内部の明かりがロウソクから蛍光灯へ変わった昭和の中ごろから、観光行事として全国から注目されるようになり、現在のような一大イベントへと成長しました。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ