12月16日の念仏の口止めとは!伝統行事?

サイト内検索

12月16日は「念仏の口止めの日」とされており、この日の翌日から翌年1月15日までの1カ月間は、念仏は唱えず年神様に手を合わすという風習があります。

スポンサーリンク

全国的に行われていた行事ではなく、かつて行われていた地域であっても、現在では、ほとんど行うことがないようですが、愛媛県喜多(きた)郡など一部地域に残されています。

また、地域によって日も異なり、兵庫県美曩(みき)郡では、12月11日が「念仏の口止めの日」となっています。

日本では古来より、亡くなった人の魂は山中の常世に行って祖霊となり、子孫を見守るという信仰を持っていました。

「山の神」となった祖霊は、春になると山から降りて「田の神」となって豊穣をもたらし、お正月には「年神様」として子孫のもとに訪れ繁栄をもたらします。

かつてお正月は、この「年神様」を迎えるための祭礼で、丁重に迎えて1年の豊作や安泰を祈ったそうですが、祖霊である「年神様」は、なぜか念仏を好まないと言われています。

祝祭に死を連想させる念仏は控えた方が良いと考えたのか、あるいは神道の神様に対する遠慮なのかわかりませんが、正月のように元々祖霊祭であったお盆は、寺院の関与も大きく仏教的な色彩が強い行事であるのに対し、お正月の方は、仏教的な行事がほとんど見られないのは興味深いところです。

ちなみに、正月明けの1月16日に念仏を唱え始めることは「念仏の口開け」といい、墓参りをしたり仏壇に供え物をして先祖供養が行われます。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ