年度始めが4月になった理由とは?

サイト内検索

4月といえば、入学や進級など教育課程においては節目となる月であり、ビジネスシーンにおいても、新入社員が配属されたり、新しい会計年度がスタートします。

しかし海外では、学校年度を9月、会計年度は10月や1月としている国がほとんどです。

なぜ日本だけ4月を年度始めとしているのでしょうか?

スポンサーリンク

明治時代までは年度という概念はなく、国家会計は旧暦の1月から12月までを一つの区切りとする「1月-12月制」が採用されてきました。

明治2年に大蔵省(現財務省)が設立されると、新米の収穫に会計年度を合わせるため、旧暦の10月から9月までを一区切りとする「10月-9月制」が導入されす。

しかし、明治5年に新暦(グレゴリオ暦)へ改暦されると、再び「1月-12月制」に戻り、明治8年には、土地を対象とした租税の納期に合わせ、「7月-6月制」が導入されたそうです。

その後、西南戦争や紙幣整理などにより経済は不安定になり、税収も減少しているところに軍備の拡大を図ったため、国家財政は全く余裕のない状況まで追い詰められ、明治17年度には赤字を補うため翌年度の酒造税を会計に繰り入れることで、その場をなんとか凌いだそうです。

そのため、会計年度を酒造税の納期である4月に合わせる必要が生じ、明治19年に「4月-3月制」が実施され、明治22年に法制化されます。

これに伴い、それまで西欧の年度に倣って「9月-10月制」を採用していた学校年度も明治25年に「4月-3月制」へ変更されます。

それ以降、年度を見直すべきだとする議論も度々起こりますが、4月を年度のはじまりとする制度は現在へ続いています。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ