宮城県塩竈市の「帆手祭」!日本三大荒神輿の一つ

サイト内検索

兵庫県の「けんか祭り」、愛媛県の「北条祭り」と共に「日本三大荒神輿(あれみこし)」と呼ばれている「帆手(ほて)祭」は、毎年3月10日に宮城県塩竈市の鹽竈(しおがま)神社で行われています。

1682年に町が大火に見まわれ、火災の鎮圧と地域の復興を祈願したのが起源とされることから「火伏祭」とも言われ、この祭りを機に、早春の訪れを実感する市民も多いようです。

スポンサーリンク

神事が始められた当初は、リュウノヒゲを束ね棒の先に付けた「梵天」と呼ばれるものを持って町中を練り歩いていたそうですが、祭りは年を重ねるごとに華やかになり、1733年に現在の神輿が出来たことで町内渡御(とぎょ)が始まり、いつしか神意のままに神輿が動き回る「荒神輿」として、その名を全国に轟かせるようになったそうです。

火災鎮圧の祈願に端を発している祭りだけに、例年、神輿が出向する前に地元消防職員による模擬演習などが実施され、その後、災いを払う餅撒きの儀式が行われています。

午後12時半ごろから、16人の若者によって担がれた重さ250貫(約1t)の神輿が、男坂と称される202段の表参道の石段を下り、市内の渡御が始まります。

きらびやかな衣装を身に着けた、500人にも及ぶお供を従え、厄除けと繁栄の祈願して市内を御神幸する神事は、午後6時ごろまで続き、神輿が石段を駆け上って神社に戻るまで、町中が祭りの活気で溢れるそうです。

近年は、荒神輿と呼ばれるほどの激しさはなくなったようですが、神輿が石段を上り下りする様は迫力満点です。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ