都内で浅草寺に次ぐ歴史を有している「深大寺(じんだいじ)」では、山門の梅花がちょうど見ごろとなる、3月3日から4日にかけて、「厄除元三大師大祭(やくよけがんざんだいしたいさい)」が開催されています。

深大寺が執行する諸行事のなかでも最大の仏事で、天台宗中興の祖とされる慈恵大師良源(じえだいしりょうげん)の遺徳をたたえる日として、

江戸時代の中頃から始まったとされ、その霊験を崇めようと毎年10万人を超す参拝者が境内を埋め尽くします。

本堂の西側にあたる元三大師堂(がんさんだいしどう)では、厄払いと祈願成就の大護摩供養が終日行われ、境内では両日午後2時より、同大祭の見せ場となっている、お練り行列ならびに元三大師御影供(がんざんだいしみえく)が執行されています。

また、これらの仏事のほか境内には縁日も立ち並び、特に大小合わせると約300にもなる達磨屋が軒を連ねることから、大祭は別名「深大寺だるま市」とも呼ばれ、静岡県の妙法寺や群馬県の達磨寺とともに「日本三大だるま市」の1つとして数えられています。

深大寺では、願いを込めた新しい達磨の左目には、物事の始まりを表す梵字の「阿(ア)」、願いが叶った納めの達磨の右目には、物事の終わりを表す「吽(ウン)」の文字を書き入れる、古来からの慣わしがあります。

阿吽の文字は、元三大師堂前のだるま開眼所で、僧侶により書き入れてもらことができ、願いが成就して開眼した達磨は、お寺で奉納してくれるそうです。