大阪天満宮の「天神祭」日本三大祭の一つ

サイト内検索

市民から“天満の天神さん”と親しまれている大阪天満宮では、「祇園祭」と「神田祭」と並び「日本三大祭」の一つに数えられる「天神祭」が行われています。

祭りの神事は、6月下旬より執り行われますが、鉾流神事や催太鼓、氏地巡行が見所となる宵宮は7月24日、陸渡御や船渡御、奉納花火など、

お祭りのメインイベントが行われる本宮は7月25日に開催されています。

長い歴史を有するお祭りですが、オーディションで選ばれた女性が神輿を担いで巡行するギャルみこしをはじめ、トラックのパレードやドラゴンボートのレースなど、時代の流れを取り込んだ、新しいイベントも開催されています。

949年に村上天皇の勅命によって大阪天満宮が建立され、その2年後の951年より天神祭が始まったと伝えられています。

この頃の祭事は、大川より神鉾を流して漂着した場所で禊を行うというもので、これが現在へ続く鉾流神事の起源となりました。

また、禊を行う祭場へ神領民や崇敬者を船で奉迎したのが船渡御の元となっています。

安土桃山時代には、陸渡御の起源となる地車や催太鼓が登場し、船渡御の形式も整っていきました。

天神祭が大きく発展したのは、江戸時代の元禄年間の頃で、大阪の繁栄のシンボルとして隆盛をきわめ、その壮大さは十返舎一九の「東海道中膝栗毛」の中にも見ることができます。

その後、維新の騒乱やコレラの流行、明治天皇の崩御など度々中止されることもありましたが、1000年以上も続く伝統を守り、祭りを盛り上げようとする市民の熱い思いに支えられ、祭礼は廃絶することなく現在まで続けられています。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ