日本人の顔面形状にフィットする人工呼吸器用マスク

サイト内検索

フィリップス・レスピロニクスは、日本人の顔面形状データを解析しながら開発した人工呼吸器用マスクを発表した。

ウィスプネーザルマスク用の「Mワイドクッション」は日本人のためのマスクとして市販されることになります。

スポンサーリンク

睡眠呼吸障害から呼吸不全等の呼吸療法には、CPAP装置やバイレベル装置が必須です。

まず、フィリップス・レスピロニクスが着目した点は欧米人やアメリカ人と日本人の顔のサイズの違いである。

顔のサイズをジャストなサイズにすることで製品の機器のメリットを十分に活かすことができる点がポイントになる。

治療器を使用する上で、直接肌に触れるマスクのクッション部分が適度に密閉することはマストである。

快適に使用できるようになる。

3Dスキャン技術を用いて、顔面形状データを収集しより正確に顔のデータを最終することに成功したフィリップス・レスピロニクスは、ハリウッドの特殊メークを担当する人材を呼び寄せたりと本格的に開発を進めてきたようだ。

鼻の幅や高さに加え、鼻梁部のライン等も、しっかり分析し、実験結果を元に、クッションの形状を設計した。

精巧に作り上げ、日本人が使用しても問題なく使用できる環境を実現、価格はヘッドギア、マスクフレーム、Mワイドクッションがセットになった「ウィスプ ネーザルマスク Mワイドファブリックフレーム」が2万6000円(税抜き)、交換用のMワイドクッションのみが2400円(税抜き)となっている。

スポンサーリンク

フィリップス・レスピロニクスは、日本人の顔面形状データを解析したが、今後も、利用しやすい日本人向けの商品を企画開発していくようだ。

マスクが必要な方には是非お試し頂きたい。

日本人の顔面形状データを分析して開発した人工呼吸器用マスクは「ウィスプネーザルマスク用」です。

今後の商品の導入も検討している医療機関も多いようだ。

フィリップス、日本人の顔面形状にフィットする人工呼吸器用マスクは日本人のニーズにあったマスクです。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ