日本のクリスマスと外国のクリスマス1

サイト内検索

日本では11月に入ると都心の街頭やビルはクリスマスのイルミネーションで美しく飾られ、どこへ行ってもクリスマスソングが流れていますね。

小さなお子さんのいる家庭では、クリスマスケーキを注文して、プレゼントを用意します。

恋人達はイブを一緒に過ごすための素敵なレストランと、ホテルの予約をします。

スポンサーリンク

日本のクリスマスは恋人達にとって、一大ロマンチックイベント!!

誰と過ごすかが、とても大きな意味をもつのです?!

これが普通のクリスマスの過ごし方だと、私もずっと思っていました。

日本を離れるまでは...

私はカナダ人と結婚し10年前にカナダへ移住したのですが、日本とカナダのクリスマスの過ごし方の違いに驚きました!

欧米ではクリスマスというのは、家族で過ごす日なのです。

キリスト教徒はイブには教会のミサに参加し、クリスマスの夜は家族や親戚が集まりディナーを食べます。

遠くの大学へ行っていても、結婚して家庭を持ち実家から離れて暮らしていても、よほどの理由がない限りクリスマスには実家へ戻り、祖父母、両親、兄弟達と過ごすのが習慣です。

もちろん恋人を連れて帰郷する人もいます。

カナダのクリスマスはもちろん恋人達のロマンチック・イベントではないし、クリスマスケーキの注文をすることもありません。

家族と、すべて手作りでクリスマスを祝うのです。

クリスマスの日とボクシングデーは祝日のため、仕事も学校もお休みです。

日本ではイブやクリスマスには町中に人が溢れますが、こちらでは外には人がいなくなるほどです。

日本ではKFCの宣伝が多大な効を奏し、クリスマスにはチキンを食べるのが一般化した感がありますが、カナダの伝統的なクリスマスディナーは、お腹に詰め物をして家のオーブンで焼いた七面鳥(大きなハムの場合もある)、

それに付け合わせの野菜類をいただきます。

そして大人はワインをたくさん飲み、最後はその土地や家に伝わる手作りスイーツで締めくくります。

その後はお喋りをしたり、ゲームをしたり、久しぶりに会う家族と楽しい一時を過ごすのです。

スポンサーリンク

プレゼントがまた大変です。

小さな子供達は“ウィッシュリスト”(欲しいプレゼントのリスト)を作り、手紙を添えてサンタクロースへ送るのです。

宛先は“北極のサンタクロースへ”と書けば、郵便局が送ってくれるのです。

子供達の手紙には、サンタクロースからちゃんと返事も送られてきます。

これも国がやっているサービス。

カナダ人がどんなにクリスマスを大切に思っているかが、よくわかりますよね。

ウィッシュリストはサンタクロースへのお願いなのですが、親はこっそりそのリストを見て、子供達へのプレゼントを用意し、ラッピングしてクリスマスツリーの下に並べるのです。

だから両親からのプレゼントも一つでは終わりませんし、サンタクロースからのプレゼントも用意しなくてはならないのです。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ