日本のクリスマスと外国のクリスマス2

サイト内検索

カナダでは12月に入ると、子供達はクッキーとキャンディを使ってジンジャーブレッドハウスを作ったり(キットが売っています)、クリスマスクッキーを焼いたり、生のクリスマスツリーを買いオーナメントで飾ったりと、クリスマスの準備が始まります。

最近では外の木や家のドア、家全体をライトアップする人も増えてきて、12月の住宅街の散歩はとてもキレイで感動すらします。

スポンサーリンク

ただカナダの12月はほとんど毎日氷点下10度くらいなので、寒さであまり楽しいとは言えませんが...

私が一番悩まされるのは、クリスマスショッピング。

家族や親族へプレゼントの他にも、家族には小さなものをギュウギュウに詰めたストッキング(日本ではクリスマスのくつした?)を別に用意しなければならないからです。

ストッキングの中に詰めるのは高価なものではなく、歯ブラシ、ソープ、バスソルトなどの日用品から、チョコレート、キャンディ、小さなゲーム、文房具、化粧品、ハンドクリーム、ネイル用品、雑誌など、どんなものでもいいのですが、これを用意するのが一仕事。

だって、センスを見られているような気がするからです。

ストッキングはクリスマスの朝、目が覚めた時にベッドの近くに置かれています。

子供達にはサンタからということになっていますが、夫婦の場合はお互いにこのストッキングを贈りあいます。

サンタクロースはクリスマスイブの夜中に来るので、子供達は世界中を一晩でまわるサンタへのねぎらいのクッキーと、トナカイ用のニンジンを暖炉の前におき、興奮しながらベッドへ行きます。

子供が眠りについたのを確認したあと、親はサンタからのメインのプレゼントをツリーの下に置き、子供がサンタに用意したクッキーを食べ、トナカイ用のニンジンをかじり、サンタからのお礼のメッセージを書きます。

はぁ...子供がサンタクロースの存在を信じている間は、親は大変なのです。

ツリーの下に日に日に増えていくプレゼントを見てはいるものの、プレゼントをあけるのは25日の朝です。

その時までは絶対に開けてはいけないことになっているのです。

子供達はたくさんのプレゼントをもらえて大喜びですが、大家族の場合やオフィス、学校など人数が多いグループでのプレゼント交換はとてもお金がかかりますよね。

スポンサーリンク

そのため西洋にはシークレットサンタという伝統があります。

シークレットサンタとは、予めくじ引きなどで一人の名前を引き、引いた名前の人に送り主の名前を伏せてプレゼントを贈るのです。

誰からのプレゼントかわからないので、シークレットサンタ。そうすれば一人分のプレゼントを用意するだけで、全員がプレゼントをもらえるのです。

日本でもカナダでもクリスマスは誰もが楽しみにする日。

日本のおじさま達でさえ、ちょっとはうきうきしますよね?

カナダの子供達にとってのクリスマスは、プレゼントをもらうだけではなく、周りの人を想い、家族を大切にする気持ちを育む、もっと大きな意味のあるものだったのです。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ