二百十日の意味と風祭について!雑節の一つ

サイト内検索

農作業の目安とするため中国で作られた「二十四節気」とは別に、季節の変化を掴むため日本独自で作られた暦が「雑節」です。

毎年2月初めに、国立天文台によって二十四節気と共に、雑節も合わせて発表されていますが、「二百十日(にひゃくとおか)」は、立春から数えて210日目にあたる9月1日ごろとなります。

スポンサーリンク

雑節として暦に記載されるようになったのは江戸時代からで、「台風が多い日」、「風の強い日」と昔から言われていました。

しかし、この時期に必ずしも天候が荒れるという事実はなく、現在のように台風の予測ができなかった時代、稲が開花・結実する大事なときに被害を受けないよう、注意を促す意味で言われ始められたそうです。

二百十日は、立春から数えて220日目にあたる「二百二十日(にひゃくはつか)」と、旧暦8月1日の「八朔(はっさく)」と共に農家の三大厄日とされ、また、伊勢の船乗りたちにとっても凶日とされてきました。

そのため、「風祭(かざまつり)」と呼ばれる、風を鎮める儀式や祭礼が古来より全国各地で行われています。

風除けの儀式としては、お札を田畑に立てたり屋根の上や軒先に鎌を取り付けるなど、地域により様々な風習が伝承されており、風害防除を祈願する祭礼は、二百十日前後のほか、2月や4月、7月、8月に行う地方もあります。

代表的な祭礼としては、富山県富山市の八尾(やつお)地域で、9月1日から3日にかけて行われている「おわら風の盆」や、新潟県の弥彦神社が9月1日に行う風祭などがあります。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ