11月27日はノーベル賞制定記念日!ダイナマイト

サイト内検索

1895年11月27日、スウェーデンの化学者であるアルフレッド・ノーベルが、ダイナマイトの発明で得た巨万の富を、人類の平和に寄付することを遺書へ記したことに由来して、同日は「ノーベル賞制定記念日」に制定されています。

スポンサーリンク

1896年12月10日にノーベルは死去しますが、1901年からノーベルの命日に授賞式は行われ、現在では、物理学賞、化学賞、生理学・医学賞の3部門の受賞は、科学分野における最高の栄誉とされています。

授賞式終了後には晩餐会が行われますが、平和賞の晩餐会はオスロのグランドホテルで行われ、ノルウェーの首相および国王夫妻を含めた約250人が招かれます。

また、平和賞以外は、スウェーデン王室および約1,300人のゲストが参加して、ストックホルム市庁舎で行われています。

因みにマザー・テレサが出席を辞退した、1979年の平和賞の晩餐会は中止され、その費用はカルカッタのホームレスへのクリスマスディナーに使われたそうです。

爆薬をもとに財を築いたため、存命中のノーベルに対しては、一部から批判の声が上がっていました。

兄リュドビックが1888年に亡くなった際、アルフレッドが死去したと取り違え「死の商人、死す」と報道され、自分の死後の評価を気にするようになり、物理学、化学、生理学・医学、文学、平和の5分野で(経済学賞はノーベルの死後に追加)、秀でた功績を残した人物に賞状と賞金、メダルを与えるノーベル賞を思い立ったと言われています。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ