ボジョレー・ヌーヴォーが11月の第3木曜日に解禁される理由

サイト内検索

ボジョレー・ヌーヴォーはワイン好きのみならず、普段ワインを飲まない人にも知られる、有名なフランスワインの1つです。

ローヌ北部、ソーヌ=エ=ロワールのコミューンで生産されているブルゴーニュワインで、生産地域は、ボジョレー地方南部の丘陵地帯に限定されています。

ボジョレーを名乗れるは、赤ワインであればガメ(gamay)種、白であればシャルドネ(chardonnay)種に限られ、白ワインは全体の生産量の1%にすぎないと言われています。

また、ヌーヴォーとは、「初めての」や「一番目の」を意味するフランス語で、ワイン業界では当年産のワイン、つまり「新酒」のワインを意味します。

一般のワインは、ブドウが収穫された翌春に出荷されますが、ヌーヴォー・ワインは、特別な発酵法を用いることで、ブドウ収穫後わずか数十日で瓶詰め・出荷されます。

ワインとジュースの中間のような香味があり、一般的にフレッシュな香りと口当たりの軽さに特徴があります。

解禁日が設けられた理由は、各メーカーがセールスを稼ぐため、いち早くヌーヴォーを出荷しようと競争し、ついには、ワインが出来上がっていない状態で市場に出回るようになったためです。

最初の解禁日は11月11日、後に15日へ移行しましたが、ワインショップやレストランが休業する日曜日に重なると、売れ行きに大きな影響があることから、フランス政府が1984年に解決策を考案し、解禁日を固定せず11月の第3木曜日に設定したそうです。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ