オードリー•ヘップバーンのプロポーションをゲット

サイト内検索

オードリー•ヘップバーンは過去60年もの間、世界で最も美しい女性として選ばれ続けています。

オードリーの美しさの秘密を知りたい世界中の女性達のために、彼女の息子ルカ•ドッティが母が大好きだった食べ物のレシピなどを含む、彼女のライフストーリーの本を出版しました。

本の中にはオードリーのスリムなプロポーションの秘密も書かれています。

スポンサーリンク

毎月のデトックスやヘルシーな食事で一日を始める、という彼女の黄金のルールです。

ルカは“母は、世界のどこにいても朝食をぬくことは一度もなかった”と話しています。

「母は、賢い家庭医と同じで、良い朝食の効能を信じていた。ヨーグルトとりんごしか食べないデトックスデーでさえも、朝食をぬくことはなかった。」

1944−1945年、ナチスによるオランダのアルンヘム占領時代にオードリーは厳しい幼年時代を過ごし、その体験が食べ物に対する考え方を変えたそうです。

ナチスは400万人もの人たちを飢餓に追いやりましたが、オードリーは家、父親、親戚など、彼女にとって大切なものを全て失いながらも生き抜きました。

「私たちはイラクサを食べ、人々は草やチューリップまで茹でようとしていた。でも私は耐えられなかった。」

とオードリーは言っていました。

当時の彼女たちの食生活は、青い葉の野菜やチュリーップの球根を掘り出して食べること、そしてお腹を満たすために水をたくさん飲むことが中心でした。

ドイツ軍による占領時代を生き延びましたが、彼女は16歳で体重が40kg弱しかなく、喘息、黄疸、急性貧血、深刻な浮腫を患いました。

ナチスは食物や燃料を全て召し上げ、2万2千人のオランダ人を飢餓や凍死に追いやりました。

しかしオードリー•ヘップバーンは生きぬいたのです。

スポンサーリンク

食べ物のなかった思春期時代の経験が、のちの彼女の人生に大きな影響を及ぼし、大好物なものを我慢することはなかったようです。

「リビングルームのチェストの引き出しの中など、チョコレートはいつも手の届くところに置いていたし、夜も小さなチコレートをかじることが習慣だった。キッチンで自らチョコレートケーキを焼き、ホイップクリームをのせて食べることもよくあった。」

と本の中でルカは明らかにしています。

あの美しい顔と素晴らしいプロポーションはチョコレートでできていたとは驚きです。

でもヘルシーな朝食を毎朝きちんと食べることが、やはりスタイルを維持するために大事なのですね。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ